ストレスを溜めて心が壊れる前に転職準備を始めよう

By in
No comments

ADHDを抱える人の多くは会社やコミュニティで心が弱りやすいので日頃から思い悩まないように意識することが大切です。

ADHDの人を一番困らせる特性は「ミスの多さ」「確認ミスの多さ」であるため、チェックミスや確認不足がある程度許される社風や仕事の内容を選ぶ必要があります。

面倒くさいと思わず、未経験の訓練をなるべく沢山受講してみてください。

対応療法やグループディスカッションなど、働く上で役立つ内容をたくさん学ぶことができます。

様々な人とコミュニケーションを取ることも就労のための訓練になります。

私は発達障害と診断されており今まで何社もの会社で働いてきましたがサラリーマンとして満足な仕事をすることができずツライ思いをしてきました。

社会に適合できない自分が嫌になり自信を失ってしまいました。

ADHDの特性を持っている人は数値やミスの許されない業務より、思いつきやチャレンジ精神が評価される仕事の方が合っていると言われています。今までの経験の中で会社を辞めるきっかけとなった失敗や苦にならなかった仕事を挙げてみましょう。失敗が仕事に大きな影響を与えた作業があれば、近い仕事内容の職種は選ばないほうが無難でしょう。

無理をして自分に合っていない仕事を続けていると心が疲れてしまい心が壊れてします可能性もあります。

自分でどうしようもなくなる前に退職などの選択肢も頭に浮かべておくと自分を守る結果に繋がるでしょう。

障害者トライアル雇用を選択して企業に就労し、オープン就労という形で働くという選択肢があります。正社員として働いているADHDを抱える人の割合は低く正規雇用の割合は20%程で、60%くらいが定食に就いていないという記事もあります。障害者枠での採用は解雇するためのハードルが高いため簡単に解雇できないという特徴があります。仕事の面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと同じような条件で雇用している会社がたくさんあります。

職業安定所では企業面接の訓練もしてくれます。ADHDを抱えていると言わなくてよいことを言ってしまうので、自分の特性のことや、今までの実績などを事前に練習しました。

採用試験へのプロセスも一般雇用・障害者雇用では異なってきます。

障害のない方と同じ条件で雇用されることを一般雇用といいます。

一方、会社に障害をオープンにして就労する方法をオープン就労といわれています。

特性を会社に伝えるかどうかは各々の価値観によります。クローズにしている限りは障がいが企業に伝わることはそんなにないでしょう。私がサラリーマンとして企業に勤めることができないのは発達障害(ADHD)による特性によって周囲に迷惑を掛けてしまうことが原因です。

ADHDであることによって確認漏れやケアレスミスを繰り返してしまうのですが、当事者が何に困っているかというと失敗が多すぎて厳しい叱責を受け会社に居づらくなってしまうことです。

就労移行支援は障害者手帳がなくとも障害福祉サービス受給者証があればサービスを利用できます。しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも障害者枠で採用されるためには障害者手帳が必要になります。

他の従業員と同じ額の給料が支払われるということなので、オープン就労することで周囲からフォローを受けることが比較的容易になり今までよりも仕事がしやすくなり精神的に辛い思いをすることを減らすことができます。就職活動をする時、自分の苦手なことを説明するのか上手く誤魔化すのかは誰もが悩む問題だと思います。

採用後のことを考えれば障害を知ってもらい、フォローして貰うほうが長く働くことができるでしょう。

悩ましいのは苦手なことを伝えた上で採用試験を乗り越えられるかどうかです。

普通の人よりできる分野があっても、ツメが甘いため評価に結びつかず、得意な能力を発揮する機会が与えられないというのがまじめ系クズであるADHDのツライところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です