前向きにオープン就労を検討してみる

By in
No comments

職業訓練や企業実践など、利用できる内容が豊富です。

家から出る習慣を付けることも自分のために役立ちます。

私は発達障害と診断されており今までいろいろな会社で勤務してきましたが会社の期待に答えることができず何度も転職を繰り返してきました。上手く行かない自分を責め自信を失ってしまいました。

ADHDを持っている人は失敗が大きな問題になりうる業務より発想力や行動面を重視した職業の方が働きやすいようです。過去の体験の中で仕事を辞めたくなった出来事や安心して仕事ができた作業を挙げてみましょう。

会社に大きな迷惑を掛けてしまったような作業があれば近い仕事内容の職種は選択しないことをおすすめします。

就職活動の取り組み方も通常の雇用か障害者枠での雇用かでは違ってきます。

非障害者の人と同様の条件で働くことを一般雇用といいます。

それに対して障害を企業に公開して働く方法をオープン就労といいます。

自分の特性を会社に説明するかどうかは本人の考え方次第でしょう。

クローズにしている限りは障がいが会社に認知されることはあまりありません。

向いていない仕事をしていると、心が病んでしまい「うつ病」につながる場合もあります。

新たな問題を抱え込む前に転職先を検討し始めると自分を守る結果に繋がるでしょう。

 

参考:オープン就労

 

ADHDの当事者は人間関係で思い悩みやすいので、普段から思い悩まないように努力することが大切です。ADHDの当事者を特に困らせる症状は「ミスの多さ」「確認ミスの多さ」であるため、ミスや不注意が許容される文化や業務をすることが社会生活を成り立たせるための近道です。

トライアル雇用の制度を選択してどうにか就職し、発達障害をオープンな状態にして実務経験を積むという方法があります。正社員として就職している発達障害を抱える人の割合は低く正規雇用の割合は20%程で、非正規または無職の人が多いという調査もあります。就労支援では面接についての相談に乗ってくれます。

ADHDの人は面談で失敗してしまうので、休職期間についてのことや、前職を辞めた理由などを事前に練習しました。私が上手く社会生活をこなすことができないのはADHD由来の忘れっぽさが原因だと思います。ADHDであることによって確認漏れやケアレスミスを繰り返してしまうのですが、実は何が大変かというと引き起こす失敗の数々により周囲からの信頼を失い厳しい人間関係に陥ってしまうことです。就労移行支援をしている事業所は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証があれば利用することができます。

しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも障害者枠を使っての採用されるには障害者手帳を取得している必要があります。

一般社員と同等の自分だけ「あれはできない」「これはできない」とは、、オープン就労という形を取ればツライ気持ちのまま就業する状況を改善できるかもしれません。障害者枠は解雇要件が非常に厳しいためクビになりにくいというメリットがあります。待遇面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員と同等の条件で雇用している会社がたくさんあります。就職活動をする時、自分の障害を公開するのか説明しないのかは誰もが悩む問題だと思います。

働き始めた時のことを想定すれば障害を知ってもらい、フォローして貰うほうが働きやすいことは明白です。

難しいのは障害があることを伝えた上で採用されるかです。

普通の人よりできる分野があっても、ツメが甘いため評価に結びつかず、いつまでも苦手な仕事ばかりしか回ってこないというのが発達障害のよくあるパターンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です