障がい者手帳が無くても受けれる支援

By in
No comments

就労移行支援事業所は手帳が無くても障害福祉サービス受給者証を持っていればサービスを受けることができます。

しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも障害者枠を使っての採用されるには障害者手帳を持っていなくてはなりません。

障害者雇用の枠を利用した採用の場合、クビにしにくいためクビになりにくいというメリットがあります。

給料などの面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと同等の条件で働くことができます。得意なことがあってもできないことが評価を下げてしまい、いつまでたっても出来ないやつ扱いで、活躍のチャンスが回ってこないというのがADHDの悲しい運命です。やりたくないなどと考えないで興味のある訓練を自発的に受けてみてください。面接の練習や企業実践など、活用できるカリキュラムは沢山あります。積極的に学ぼうとすること自体も就職の為の訓練になります。

障害者トライアル雇用の求人を活用して会社にトライアル雇用として就職し、オープン就労という形で働くという選択肢があります。

正規雇用で就職しているADHDの人の割合は低く正社員の割合は2割ほどで、60%くらいが定食に就いていないというブログもあります。ADHDの当事者を特に困らせる症状は「不注意による失敗」「確認ミスの多さ」であるため、チェックミスや確認不足がリカバリーできる業務をすることが社会生活を成り立たせるための近道です。

就職活動の取り組み方も一般求人か障害者求人かでは違ってきます。障害のない方と同じ条件で雇用されることを一般雇用といいます。それに対して障害を企業に公開して働く方法をオープン就労と呼びます特性を会社に伝えるかどうかは各々の判断によるでしょう。

自分が言わない限り、障がいが認知されるこはあまりありません。私が企業人として長く会社で働くことができないのは発達障害の影響によって仕事上の失敗を繰り返してしまうことが原因です。

参考:厚生労働省

ADHDであることによって失敗を重ねてしまうのですが、実際のところ何が一番困るかというとそれらの失敗により評価が下がり厳しい叱責を受け疲れ果ててしまうことです。

私は発達障害と診断されておりこれまで5つの会社で働いてきましたがサラリーマンとして満足な仕事をすることができずツライ思いをしてきました。サラリーマンとしてなかなか上手く馴染めない自分に嫌気がさし自棄っぱちになった時期もありました。

大きなストレスを抱えながら仕事を続けていると心が疲れてしまい心が壊れてします可能性もあります。新たな問題を抱え込む前に退職などの選択肢も頭に浮かべておくと自分を守る結果に繋がるでしょう。

就職活動をする時、自分のできない部分を公開するのか説明しないのかは悩むポイントです。採用されたあとのことを考えれば障害があることを知って貰っていたほうが長く働くことができるでしょう。悩ましいのは特性を説明した上で採用試験を乗り越えられるかどうかです。

他の社員と同じ、、オープン就労という形を取れば待遇面などで不利益を被る場合もありますが働きやすさが改善しストレスを抱えずに働くことができるようになります。

職業安定所では企業面接の訓練もしてくれます。

ADHDだとどうしても面接でボロが出てしまうので、休職期間についてのことや、やりたいことなどを伝えられるように準備しました。発達障害を抱える人は人間関係で気持ちが沈みがちなのでなるべく普段から楽しいことを考えるように意識することが大切です。ADHDの人は失敗が大きな問題になりうる業務よりミスをリカバリーできる仕事の方が合っていると言われています。過去の経験の中で克服できそうにない失敗や安心して仕事ができた作業を洗いだしてみましょう。

失敗が仕事に大きな影響を与えた作業があれば、そのような職種は選ばないほうが無難でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です