クローズ就労は給料の面などでデメリットもある

By in
No comments

クローズ就労するということは給料が支払われるということなので、ひとりだけ仕事を選り好みしたいとは言えません。給料が上がらなかったりということもありますが周囲からフォローを受けることが比較的容易になり転職活動のプロセスも一般雇用かトライアル雇用かでは違ってきます。

一般の方と同じ条件の元で働くことを一般雇用といいます。

それに対し、発達障害を会社に公表して勤務する状態をオープン就労といわれています。できないことをオープンにするかは本人次第です。

自分が言わない限り、障がいが会社に認知されることはそうそう起きないでしょう。障害者トライアル雇用を選んでどうにか就職し、障がいをオープンにして働き始めるという方法があります。

正規雇用で働いているADHDを抱える人の割合は低く正規雇用の割合は20%程で、60%程はそうではないという情報もあります。採用試験を受ける時、自分の特性を説明するのか隠すのかは悩ましい点です。

就職後の働きやすさを考えれば不得意なことを説明しておいたほうが長く働くことができるでしょう。

問題は障害を説明した上で採用されるかです。

今のままでいいと考えず、未経験の訓練をなるべく沢山受けてください。

職業訓練やグループディスカッションなど、利用できる内容が豊富です。

家から出る習慣を付けることも自分のために役立ちます。私が企業人として長く会社で働くことができないのは発達障害によって様々な失敗を引き起こしてしまうことが要因です。ADHDであることによってケアレスミスを起こしやすくなるのですが、本当に困るのは何かというと失敗が多すぎて上司や同僚から信頼されなくなり疲れ果ててしまうことです。障害者枠は解雇要件が非常に厳しいためクビになりにくいというメリットがあります。

仕事の面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと同等の条件で雇用している会社がたくさんあります。

就労支援を行っている事業所では面談の訓練をしてくれます。

ADHDの人は面談でボロが出てしまうので、今までの経歴や、やりたいことなどを伝えられるように準備しました。

ADHDの特性を持っている人は細かな事務的な作業より発想力や行動面を重視した職業の方が合っていると言われています。

過去の体験の中で仕事を辞めたくなった出来事や楽しみながらできた仕事を整理してみましょう。

失敗が仕事に大きな影響を与えた作業があれば、そのような職種はできるだけ避けが方が良いでしょう。

ADHDの人を一番困らせる特性は「チェックの甘さ」「確認ミスの多さ」であるため、チェックミスや確認不足がある程度許される社風や職業を選ぶ方が働きやすいでしょう。

就職の為の移行支援は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証を持っていればサービスを受けることができます。しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも障害者雇用として企業に採用されるためには障害者手帳を取得している必要があります。大きなストレスを抱えながら仕事を続けていると心が病んでしまい心が壊れてします可能性もあります。自分でどうしようもなくなる前に転職サイトやハローワークで情報を集めておくとニッチモサッチモいかないという状況を回避できるでしょう。

ADHDの人は会社やコミュニティで思い悩みやすいので、できるだけ思い悩まないように注意することが大切です。私は発達障害を持っているのでこれまで5つの会社で働いてきましたが上手く会社に馴染むことができずツライ思いをしてきました。

上手く行かない自分を責め自棄っぱちになった時期もありました。得意なことがあってもできないことが評価を下げてしまい、いつまでも苦手な仕事ばかりしか回ってこないというのが発達障害のツライところだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です