発達障害者は普通の人よりストレスを抱えやすい

By in
No comments

普通の人よりできる分野があっても、ツメが甘いため評価に結びつかず、やりたい仕事ををせせてもらえる機会がさせて貰えないというところが発達障害のツライところだと思います。ADHDの人はさまざまな場所でストレスを抱えやすいので、日常的に楽しいことを考えるように心がけることが大切です。

転職活動のプロセスも通常の雇用か障害者枠での雇用かでは変わってきます。

一般の方と同様の条件で働くことを一般雇用といいます。それに対して障害を企業に公開して働く方法をオープン就労と呼びます。

自分の特性を会社に説明するかどうかは各々の価値観によります。自分が言わない限り、障がいが会社に認知されることはあまりおきないでしょう。障害者雇用の枠を利用した採用の場合、クビにしにくいため解雇しにくいというメリットがあります。仕事の面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと同じような条件で働くことができるケースが多いようです。

今のままでいいと考えず、いろいろな訓練を自発的に受けてみてください。

軽作業やグループワークなど、就職活動に役立つ講義がいっぱいあります。家から出る習慣を付けることも就職後の自分のためになります。

適性の低い仕事を無理して続けていると心が病んでしまい心が壊れてします可能性もあります。

問題が大きくなる前に転職サイトやハローワークで情報を集めておくと良いかもしれません。

ADHDの当事者を一番悩ませる症状は「チェックの甘さ」「確認ミスの多さ」であるため、不注意による失敗が許容される文化や仕事の内容を選ぶ必要があります。

私がサラリーマンとして企業に勤めることができないのは発達障害の特性から生じる忘れやすさが原因です。ADHDであることによってケアレスミスを起こしやすくなるのですが、ADHDの当人が本当に困っているのは何かというと失敗が多すぎてパワハラを受け精神的に参ってしまうことです。転職する時、自分の不得意なことを正直に話すのか秘密にするのかは大事な問題です。

採用されたあとのことを考えれば特性を理解して貰っていた方が働きやすいことは明白です。

問題はできないことを伝えて採用試験を乗り越えられるかどうかです。トライアル雇用の求人を利用して企業にトライアルとして就労し、障がいをオープンにして働き始めるという方法があります。

正規雇用で就職している発達障害を抱える人の割合は低く正規雇用の割合は20%程で、60%程はそうではないというデータもあります。

就労支援をおこなっている事業所は障害者手帳がなくとも障害福祉サービス受給者証を持っていれば利用することができます。

ただし、支援を受けて就職する場合でも障害者枠を使っての採用されるには障害者手帳を持っていなくてはなりません。

私は発達障害と診断されており今までいろいろな会社で勤務してきましたが会社の期待に答えることができず周囲からの信頼を失い、退職を繰り返してきました。社会に適合できない自分が嫌になり自暴自棄になることも何度もありました。

ADHDを持っている人は細かな事務的な作業よりアイディアや行動力を重視した職業の方が働きやすいようです。

今までの経験の中で特に印象的な失敗や安心して仕事ができた作業を洗いだしてみましょう。

特定の作業で繰り返し同じ失敗をした経験があるならば近い仕事内容の職種はやめておいた方がよいかも知れません。

周りの従業員と同じ条件で給料が支払われるということなので、自分だけ簡単な仕事をさせて欲しいとは障害をオープンにして働くことで周囲からフォローを受けることが比較的容易になり苦しい思いを抱えないで勤務することができるようになります。

各県のハローワークでは企業面接の訓練もしてくれます。

ADHDの人は面談で失敗してしまうので、自分の特性のことや、やりたいことなどを上手に説明できるように練習しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です