面接の練習などに意味が無いとは思わない

By in
No comments

対応療法やグループディスカッションなど、就職活動に役立つ講義がいっぱいあります。

家を出るくせをつけることも就職の為の訓練になります。

適性の低い仕事を無理して続けていると心が病んでしまい鬱などの別の病を発症してしまうこともあります。

新たな問題を抱え込む前に転職サイトやハローワークで情報を集めておくといざという時動きやすいかもしれません。

 

障害者雇用の枠を利用した採用の場合、クビにしにくいため簡単に解雇できないという特徴があります。待遇面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員と同じような条件で採用される場合は多いようです。

就職を考える時、自分の障害を公開するのか秘密にするのかは誰もが悩む問題だと思います。採用されたあとのことを考えればできないことを理解してもらっておいたほうが働きやすいことは明白です。

悩ましいのは特性を説明した上で採用してもらえるかどうかということです。私が会社員として上手く馴染めないのは発達障害の特性から生じる忘れやすさが原因です。

ADHDの症状によって失敗を重ねてしまうのですが、実際のところ何が一番困るかというとそれらの失敗により評価が下がり周囲からの信頼を失い退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまうことです。就職活動の取り組み方も一般求人か障害者求人かでは違ってきます。

普通の方と同等の条件で雇用されることを一般雇用といいます。

それに対し、発達障害を会社に公表して勤務する状態をオープン就労と呼びますできないことをオープンにするかは各々の価値観によります。

本人が周りに公言しなければ障がいが会社に認知されることはあまりありません。

ADHDの当事者は人間関係で鬱な気持ちになりやすいので普段から楽しいことを考えるように心がけることが大切です。

普通の人よりできる分野があっても、できないことも多いので評価されず、いつまでたっても出来ないやつ扱いで、活躍のチャンスが回ってこないというのがまじめ系クズであるADHDのツライところです。ADHDの当事者を最も悩ませる特性は「ケアレスミスの多さ」「確認ミスの多さ」であるため、ミスや不注意がある程度許される社風や仕事の内容を選ぶ必要があります。障害者トライアル雇用を使って企業にトライアルとして就労し、障がいをオープンにして働き始めるという方法があります。正社員として就職しているADHDの人の割合は低く正規雇用は2割程度で非正規または無職の人が多いという調査もあります。就労支援では書類審査後の面接の練習もしてくれます。

コニュニケーションが苦手な場合面接でボロが出てしまうので、休職期間についてのことや、志望動機などを話せるように訓練しました。

他の従業員と同じ額の給料を貰うということなので、金銭面でのデメリットもありますが今までよりも仕事がしやすくなりADHDの特性を持っている人は失敗が大きな問題になりうる業務より失敗しても取り返しがきく仕事の方が長く続けられると言われています。今までの経験の中で二度としたくないと思うことや苦にならなかった仕事を考えてみましょう。何度も大きな失敗をした仕事があればそのような仕事や職種は優先度を下げた方が良いでしょう。

 

就職の為の移行支援は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証があればサービスを受けることができます。

ただし、支援を受けて就職する場合でも障害者枠で採用されるためには障害者手帳を持っている必要があります。

私は発達障害と診断されており今までいろいろな会社で勤務してきましたがサラリーマンとして満足な仕事をすることができず周囲からの信頼を失い、退職を繰り返してきました。

器用に立ち回ることができない自分に嫌気がさし自棄っぱちになった時期もありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です