自分の苦手な仕事をオープンにして面接に臨む

By in
No comments

採用試験を受ける時、自分の苦手なことをオープンにするのかクローズにするのかは悩ましい点です。採用後のことを考えれば障害を知ってもらい、フォローして貰うほうが多くを期待されずに済み働き易いでしょう。悩ましいのは特性を説明した上で採用試験を乗り越えられるかどうかです。

「資格があるから充分」と考えず、したことがない訓練を積極的に受けてみてください。

対応療法や企業実践など、就職活動に役立つ講義がいっぱいあります。様々な人とコミュニケーションを取ることも就職の為の訓練になります。

自分にしかできない凄い能力があってもできないことが評価を下げてしまい、やりたい仕事ををせせてもらえる機会が回ってこないというのがADHDのツライところだと思います。

ADHDの人を特に困らせる症状は「ミスの多さ」「確認ミスの多さ」であるため、不注意による失敗が大きな問題とならない職業を選ぶ方が働きやすいでしょう。発達障害の症状がある私はこれまでいくつもの企業で勤務してきましたがサラリーマンとして満足な仕事をすることができずジョクホッパーとなってしまいました。

器用に立ち回ることができない自分に嫌気がさし自信を失ってしまいました。

就労支援では企業面接の訓練もしてくれます。

コニュニケーションが苦手な場合面接で不用意な発言をしてしまうので、今までの経歴や、志望動機などを伝えられるように準備しました。

 

ADHDには失敗が大きな問題になりうる業務よりミスをリカバリーできる仕事の方が向いているようです。その意味ではタクシードライバーはちょっと危険かもしれませんね。

今までの経験の中で特に印象的な失敗や安心して仕事ができた作業を挙げてみましょう。

過去に取り返しがつかない失敗があれば同様の仕事は選択しないことをおすすめします。私がサラリーマンとして企業に勤めることができないのは発達障害の影響によって仕事上の失敗を繰り返してしまうことが原因です。ADHDであることによって注意不足による失敗をしやすくなるのですが、実際のところ何が一番困るかというと引き起こす失敗の数々によりパワハラを受け精神的に参ってしまうことです。トライアル雇用を選択して会社にトライアル雇用として就職し、オープン就労という形で正社員を目指すという方法があります。

正社員として働いているADHD当事者の割合は低く正規雇用の割合は20%程で、6割ほどは無職だというブログもあります。向いていない仕事をしていると、心が疲れてしまいうつ病などの新たなハンディを背負うことになる可能性もあります。新たな問題を抱え込む前に就職・転職活動を始めると窮地に追い込まれなくてすむかもしれません。障害者雇用の場合、会社が社員をクビにする条件が厳しいので簡単に解雇できないという特徴があります。

仕事の面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員と同じような条件で雇用している会社がたくさんあります。

オープン就労という形を取れば金銭面でのデメリットもありますが不得意な作業を同僚にフォローしてもらいやすくなり精神的に辛い思いをすることを減らすことができます。

とくにADHDだとコミュニケーションで気持ちが沈みがちなのでできるだけ深く考えこんでしまわないように努力することが大切です。

就職活動のプロセスも一般枠か障害者枠かでは変わってきます。

一般の方と同様の条件で働くことを一般雇用といいます。逆に障がいを隠さず公表して就労する形をオープン就労といいます。特性を会社に伝えるかどうかは個人個人の考えによります。

自分が言わない限り、障がいが認知されるこは基本的にありません。就職の為の移行支援は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証があれば使うことができます。しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも障害者枠で採用されるためには障害者手帳を取得している必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です