先送りしない格安SIM契約手順

情報が多すぎて選ぶのが難しい格安SIMの乗り換え・切り替え手順を分かりやすく解説します。

メニュー

しっかりと吟味してベストマッチな

しっかりと吟味してベストマッチな格安SIMを契約すれば月々の料金を数百円安くすることはできます。
しかし、キャリアから格安SIMに乗り換えた場合の節約効果は月々数千円となります。



本の数ヶ月先送りしてしまえば節約できるはずだったお金は数万円を越えてしまいますので、とにかくいち早く乗り換えを完了させることがベストな乗り換えになります。格安SIMの良くないポイントはネット回線が遅いタイミングがあることと通話料金が高くなることです。


ネットに接続した際の通信速度はやはりキャリアの通信速度と比べると見劣りしてしまう感はいなめません。昼食の時間帯やおやすみ前のベットでゴロゴロしながらスマホを触るときなど皆がネットをしたいと思う時間帯には画像の多いページを開くのに時間が掛かってしまうことがあります。次に通話料金が高くなる問題ですが、これはSNSアプリなどに付いている無料の通話アプリを活用することで対策することができます。

ただし、ビジネスでの利用が主体のためSNSアプリによる通話が難しいなどの場合は格安SIMに乗り替えることは出来ないかもしれません。
ただし、それらのデメリットは自分の利用方法にピッタリ合う格安SIMを選ぶことで解決することができます。


3大通信大手(au・docomo・SoftBank)との違いを把握した上で乗り換えの意思が消えないのであればあなたにとって格安SIMが合っているのだと思います。
そう考えられる人ならば格安SIMを選んでも十分満足することができると思います。


ある程度の目処が付いたら間髪入れずに格安SIMの契約をしてしまうのが乗り換えへの近道です。
いつまでも迷っているよりかは、今この瞬間にMNPの窓口に電話して予約番号を取得して格安SIMの契約を決めたほうが何万円もお得だったりします。

キャリアの品質を捨ててまでも乗り替えたい最大の理由は節約効果が尋常でないからです。



今の契約によっても変わってきますが年間にすれば海外旅行に行けるくらいスマホの通信料金を減らすことができる方が多くいます。自分で全部調べて選ぼうと思うと相当な量の労力が必要になってしまうので途中で一旦諦めてそのままになってしまう人も珍しくないはずです。
何をどうしていいかわからなくてどれを選んだらよいかわからない格安SIMという選択肢。格安SIMで失敗しないためにはそれぞれの格安SIMの特徴を正しく知っておくことが大切です。


乗り換えまでにしなくてはいけないことは「使用中の機種で使える格安SIMをチェックする」「その中で最も自分の利用方法にあったSIMを選ぶ」「現在のキャリアからMNP予約番号を取得する」「格安SIMを契約する」「届いたSIMカードと今のキャリアのSIMカードを差し替えてAPN設定をする」といった手順を踏む必要があります。


現在の機種がdocomoのものならベストな格安SIMはmineoの格安SIMです。格安SIMの中ではネット回線の安定性が高い部類で、一般的な格安SIMと比べて優れています。

通信速度の遅さ問題ですがこれはきちんと優良な格安SIMを選ぶことで概ね解決することができます。例とすれば「UQモバイル」「mineo」「LINEモバイル」あたりの評価が高く通信性能が安定しているMVNOとされていますね。格安SIMの通話料金は20円/30秒と設定している格安SIMが殆どです。短い時間内での通話し放題のプランを利用できる格安SIMは多くありますが通信大手3社(au・docomo・SoftBank)と同じように通話放題のオプションを持っている格安SIMは今のところ存在しません。



auのスマホから格安SIMに乗り替えるならもっともおすすめできる格安SIMはUQmobileの3GBのプランです。UQモバイルのSIMはネット回線が非常に高速で他の格安SIMで通信速度が落ちる時間帯などでも安定した速度を提供してくれます。

関連記事