先送りしない格安SIM契約手順

情報が多すぎて選ぶのが難しい格安SIMの乗り換え・切り替え手順を分かりやすく解説します。

メニュー

「今のところこれが良さそうかな?」という格

「今のところこれが良さそうかな?」という格安SIMが見つかったらそのタイミングで格安SIMの申込みを進めてしまうことをおすすめします。どこの格安SIMにするか決めかねてグズグズしているよりかは思いついたこの瞬間にMNP予約番号を取って格安SIMの申し込み手続きを完了させた方がとても経済的です。実際に格安SIMに乗り替える手順としては「使用中の機種で使える格安SIMをチェックする」「ピックアップした中からどの格安SIMにするか決める」「現在のキャリアからMNP予約番号を取得する」「格安SIMのサイトで申し込みをする」「届いたSIMカードと今のキャリアのSIMカードを差し替えてAPN設定をする」というフローです。



次に通話料金が高くなる問題ですが、これはFacebookやLINEの無料の通話アプリを活用することで対策することができます。ただし、ビジネスでの利用が主体のためアプリへを使っての通話に抵抗がある場合などは格安SIMで節約を図ることは出来ないかもしれません。
わけがわからない格安SIMをそこまでしてでも乗り替えたい最大の理由は月額費用が無茶苦茶安いからです。もちろん今のスマホの利用状況や契約内容にもよりますが、ざっくりと月々4000円程通信費を抑えることができるケースが多いようです。

格安SIMの音声通話は料金が高めで、20円/30秒の料金がかかるようなっているMVNOが殆どです。

3〜10分以内の通話では料金がかからないプランやオプションを選べる、プランが充実した格安SIMも存在しますが、通信大手3社(au・docomo・SoftBank)と同じように通話放題のオプションを持っている格安SIMは今のところ存在しません。

利用方法とプランがバッチリ合う格安SIMを見つけることができればほんのすこしの無駄もない通信費まで抑えることも可能です。
しかし、キャリアから格安SIMに乗り換えた場合の節約効果は年間にすれば4〜6万円程度となります。その金額と比べるととても少額な話となりますのである程度決まったら見切り発車で契約をしてしまうことが一番お得な方法といえます。


現在の機種がdocomoのものなら一番オススメの格安SIMはDMMmobileのプランです。
データ通信の速度が安定しておりコストパフォーマンスが高い格安SIMといえます。格安SIMのデメリットはインターネットの速度が遅くなることと通話が多い場合に料金が高くなってしまうことです。イロイロありすぎて理解しきれないMVNOのSIM。



大手キャリアと同じ感覚で格安SIMを利用したのであれば自分の利用方法に最も適した格安SIMを正しく知っておくことが大切です。


大手キャリアと比べて格安SIMが劣る点を理解しても料金が安いというメリットを取りたいと思うなら思い切って格安SIMに乗り替えるべきです。


そう考えられる人ならば格安SIMに乗り換えても十分満足することができると思います。
通信速度の遅さ問題ですがこれは「通信速度が遅くなるSIMを選ばない」ことによりデメリットを回避することが可能です。



具体的にはau系の回線を使っているUQmobileやmineoは利用者からの評判が良く通信速度に信頼性があるMVNOとされていますね。完璧に理解してベストな格安SIMを選ぼうとするとかなりの時間が掛かってしまい結局契約には至らずに何ヶ月も経過してしまうという人も相当いらっしゃるのではないかと思います。しかし、そういった格安SIM(あるいはMVNO)の問題点はその人に合った格安SIM(あるいはMVNO)を選ぶことで避けることができます。
ネットの回線速度はau・docomo・SoftBankなどと比べると劣ってしまいます。


ランチタイムやおやすみ前のベットでゴロゴロしながらスマホを触るときなど皆がネットをしたいと思う時間帯には通信速度の低下を感じることがあります。
auスマホからの切り替えを検討しているなら一番オススメの格安SIMはUQmobileのデータ通信3GBのプランです。

ネットの安定性がとても高く、他の格安SIMとは一線を画した性能を持っています。

関連記事