先送りしない格安SIM契約手順

情報が多すぎて選ぶのが難しい格安SIMの乗り換え・切り替え手順を分かりやすく解説します。

メニュー

複雑過ぎて選びきれない格安SIMという選

複雑過ぎて選びきれない格安SIMという選択肢。

格安SIMで失敗しないためには格安SIMのデメリットと特徴をしっかり理解しておくことが大切です。現在の機種がdocomoのものなら一番オススメの格安SIMはmineoの「Dプラン」です。格安SIMの中ではネット回線の安定性が高い部類で、コストパフォーマンスが高い格安SIMといえます。auのスマホから格安SIMに乗り替えるならベストな格安SIMはUQモバイルです。


通信の安定性に定評があり一般的な格安SIMと比べると非常に優れています。
大手キャリアと比べて格安SIMが劣る点を理解してもそれでもまだ乗り換えをしたいと考えるのであれば勇気を出してMVNOの格安SIMを選ぶべきです。そういった人ならばSIMをキャリアから格安SIMに変更しても激しく失敗したと感じることはないでしょう。ネットに接続した際の通信速度はau・docomo・SoftBankなどと比べると劣ってしまいます。特にお昼時の時間帯やゴールデンタイムから寝る前の時間帯など大多数の人が同時にインターネットを閲覧している時は「あれ?なんだか開くのに時間がかかるな?」と感じるときもあるはずです。リスクのある格安SIMにそうまでしてでも乗り替えたい最大の理由は節約効果が尋常でないからです。

今の契約によっても変わってきますが年間にすれば海外旅行に行けるくらい携帯代を下げることができる場合が多くなっています。



自分で全部調べて選ぼうと思うと相当な量の労力が必要になってしまうので途中で一旦諦めてそのままになってしまう人もたくさんいます。格安SIMの通話料金は通話が多いと割高になってしまうSIMが多くを占めます。
数分間の電話掛け放題のオプションを選べる、プランが充実した格安SIMも存在しますが、本当の意味での大手キャリアのように「いくら電話しても基本料金内」というプランを準備しているMVNOはみつかりません。
「これだ!」というSIMが決まったら無理してでもそのまま申込みを一気に進めてしまいましょう。
不安が先立っていつまでも調べ続けているよりは思いついたこの瞬間にMNP予約番号を取って格安SIMの申し込み手続きを完了させた方が何万円もお得だったりします。乗り換えまでにしなくてはいけないことは「今の機種・キャリアで利用できる格安SIMを確認する」「ピックアップした格安SIMの中で一番自分の利用方法にあったものを決める」「現在契約している携帯会社からMNP予約番号を取得する」「格安SIMをMNPを使って申し込む」「SIMカードが到着したら差し替えて簡単な設定を行う」という感じです。ただ、上記のような格安SIMのデメリットは自分の利用方法にピッタリ合う格安SIM(あるいはMVNO)を選ぶことで潰すことができます。格安SIMに乗り換えて最も困ることはインターネット接続が少し重たくなったり通話料金が高くなることです。
次に長時間の通話をすると料金が高くなってしまう問題ですが、こちらはLINEトークなどの無料の通話アプリを活用することでどうにかなります。


ただし、仕事での利用が多いためSNSアプリによる通話が難しいなどの場合は格安SIMで節約を図ることは少し無理があるかもしれません。



利用方法とプランがバッチリ合う格安SIMを見つけることができれば完璧な通信費のコストダウンを図ることもできます。
しかし、そのまま乗り換えを先送りにしてしまった場合の損失は月々数千円となります。
ひと月契約を先送りにすればさっさと決めたほうがお得だったという計算になることが非常に多いのである程度決まったら見切り発車で契約をしてしまうことが一番節約できる結果を生みます。
ネットをする時の通信が安定しないという問題ですが、これは「通信速度が遅くなるSIMを選ばない」ことによりデメリットを回避することが可能です。



例とすればau系の回線を使っているUQmobileやmineoは利用者からの評判が良く一般的な格安SIMが通信速度を落とす時間帯でも比較的通信が安定しているSIMと言われています。

関連記事