先送りしない格安SIM契約手順

情報が多すぎて選ぶのが難しい格安SIMの乗り換え・切り替え手順を分かりやすく解説します。

メニュー

不安なことを徹底的に調べて、自分にとって間違いない

不安なことを徹底的に調べて、自分にとって間違いない格安SIMを決めることができればほんのすこしの無駄もない通信費まで抑えることも可能です。

ただし、SIM選びに時間を掛けすぎて乗り換えのタイミングを逃してしまた場合、その損失は月々数千円となります。本の数ヶ月先送りしてしまえば節約できるはずだったお金は数万円を越えてしまいますので、兎にも角にも格安SIMへの切り替えを完遂することがベストな乗り換えになります。格安SIMを使って通話をする場合、頻繁に電話をすると返って高くついてしまうSIMが多くを占めます。

数分間の電話掛け放題のオプションを利用できる格安SIMは多くありますが通信大手3社(au・docomo・SoftBank)と同じように通話放題のオプションを備えている格安SIMは今のところ存在しません。



格安SIMに乗り換えて最も困ることはインターネットの速度が遅くなることと通話し放題のプランが存在しないことです。



また、通話が多い場合に通話料がキャリアに比べて高くなるという問題ですが、LINEなどのSNSアプリのネット回線を利用した無料の音声通話を使うことでどうにかなります。

ただし、ビジネスでの利用が主体のため通常の電話でなければならないなどの理由がある場合には音声通話を通話アプリに置き換えることが出来ないかもしれません。現在の機種がdocomoのものならベストな格安SIMはDMMmobileのプランです。インターネット通信が快適で料金もほぼ最安値の水準であり、全体的に優秀です。
切り替え完了までの手順としては「使用中の機種で使える格安SIMをチェックする」「ピックアップした格安SIMの中で一番自分の利用方法にあったものを決める」「契約中キャリアのMNP予約番号窓口に電話してMNP予約番号を取得する」「格安SIMのサイトで申し込みをする」「届いたSIMカードと今のキャリアのSIMカードを差し替えてAPN設定をする」という感じです。格安SIMの出来ないことがわかってもなおやはり乗り換えをした方がメリットがあると考えるなら勇気を出してMVNOの格安SIMを選ぶべきです。

そのような人はSIMをキャリアから格安SIMに変更しても十分満足することができると思います。今使っているスマホがauなら第一候補に挙がるのがUQmobileの3GBのプランです。



ネット回線が格安SIMの中では最も安定していて、一般的な格安SIMと比べると非常に優れています。


自分にピッタリ合う格安SIMを見つけようと調べ始めるととてつもなく時間と労力を消費してしまい途中で一旦諦めてそのままになってしまう人も相当いらっしゃるのではないかと思います。わかりにくい格安SIMをわざわざ勉強してでも乗り換えた方がいい理由は節約効果が尋常でないからです。現状の利用方法によっても違いますが年間にすれば海外旅行に行けるくらい携帯代を下げることができる場合が多くなっています。

イロイロありすぎて選びきれないMVNOのSIM。大手キャリアと同じ感覚で格安SIMを利用したのであれば格安SIMの種類による違いをしっかり理解しておくことが大切です。
インターネットを利用する時のスピードは通信大手3社(au・docomo・SoftBank)と比べると劣ってしまいます。特にお昼の休憩タイムやゴールデンタイムから寝る前の時間帯など皆がネットをしたいと思う時間帯にはサイトのページを開くのに時間がかかったりすることがあります。
良いと思う格安SIMの目星が付いたら後回しにせずにそのタイミングで乗り換え手続きをしてしまいましょう。ずっと先送りにして無駄なお金を払い続けるよりはランキングサイトなどで紹介されている良さそうなSIMを選んで契約を済ませた方が何万円もお得だったりします。



ネットをする時の通信が安定しないという問題ですが、これはしっかりと吟味したSIMを選択することでデメリットを回避することが可能です。

例とすればLINEmobileやUQmobileなどは通信速度に信頼性がある優良なMVNOと言われています。しかし、そういった格安SIM(あるいはMVNO)の問題点はきちんとひとりひとりに合った格安SIM(あるいはMVNO)を選ぶことでほとんどの場合解決します。

関連記事