先送りしない格安SIM契約手順

情報が多すぎて選ぶのが難しい格安SIMの乗り換え・切り替え手順を分かりやすく解説します。

メニュー

リスクのある格安SIMにそうまでして

リスクのある格安SIMにそうまでしてでも変更する理由はもちろんその料金です。現状の利用方法によっても違いますが月々3

000〜5

000円程度スマホの通信料金を減らすことができる方が多くいます。次に音声通話の利用が多かった時に通話料金が高くなってしまうという問題ですが、これはLINEトークやFacebookなどのネット回線を利用した無料の音声通話を使うことで解決することができます。ただし、仕事での利用が多いためSNSアプリによる通話が難しいなどの場合は格安SIMに乗り替えることはハードルが高いかもしれません。

最大の弱点である通信速度が遅くなる(安定しない)という点ですが、これは性能の高いSIMを選ぶことによりどうにかなります。例とすればmineoやUQmobileは満足度が高く通信の安定性が高いMVNOとされていますね。


確かに最も自分に合った格安SIMを選ぶことができれば完璧な通信費のコストダウンを図ることも可能です。ただ、注意したいのは乗り換え手続きを先送りした場合のマイナスは年間にすれば4〜6万円程度となります。

本の数ヶ月先送りしてしまえば節約できるはずだったお金は数万円を越えてしまいますので、とにかくいち早く乗り換えを完了させることが一番節約できる結果を生みます。「今のところこれが良さそうかな?」という格安SIMが見つかったら思い切って格安SIMへの乗り換え手続きを進めてしまうことをおすすめします。ずっと先送りにして無駄なお金を払い続けるよりは興味を持った今のタイミングで申込みを完了させた方が遥かにメリットがあります。

今使っているスマホがauなら一番オススメの格安SIMはUQmobileのデータ通信3GBのプランです。ネットの安定性がとても高く、他の格安SIMで通信速度が落ちる時間帯などでも安定した速度を提供してくれます。MVNOの設定している通話の料金は20円/30秒と設定しているところが大多数です。



短い時間内での通話し放題のプランを設定できるMVNOもいくつかありますが、何時間掛けても基本使用料内で利用できるプランやオプションを備えている格安SIMは聞いたことがありません。複雑過ぎて選びきれない格安SIMという選択肢。自分にとって間違いない格安SIMと出会うためには自分の利用方法に最も適した格安SIMを把握する必要があります。実際に格安SIMに乗り替える手順としては「使用中の機種で使える格安SIMをチェックする」「ピックアップした格安SIMの中で一番自分の利用方法にあったものを決める」「キャリアに電話してMNP予約番号を発行してもらう」「格安SIMを契約する」「到着した格安SIMのSIMカードと現在挿入されているキャリアのSIMカードを入れ替えて初期設定をおこなう」という作業が必要です。格安SIMの最大のデメリットはネットの通信速度が遅い時があることと通話料金が高くなることです。


完璧に理解してベストな格安SIMを選ぼうとすると詳しくなるにつれて余計に選びきれなくなってしまい「また今度にしよう…」となってしまい気づけば半年経っていたなんていう人もたくさんいます。
大手キャリアと比べて格安SIMが劣る点を理解しても乗り換えの意思が消えないのであればあなたにとって格安SIMが合っているのだと思います。
そういった方は格安SIMに乗り換えても十分満足することができると思います。
docomoスマホからの切り替えを検討しているなら第一候補に挙がるのがDMMモバイルの格安SIMです。



インターネット通信が快適で数ある格安SIMの中でも高い性能を持っています。


しかし、そういった格安SIM(あるいはMVNO)の問題点はきちんとひとりひとりに合った格安SIMを選ぶことで避けることができます。
インターネットの速度はキャリアのものと比較すると遅さを感じる時があるかもしれません。

特にお昼の休憩タイムやおやすみ前のベットでゴロゴロしながらスマホを触るときなど大多数の人が同時にインターネットを閲覧している時は通信速度が落ちてしまう傾向があります。

関連記事